牛久大仏



                        御身丈は、100メートル。台座を含めて120メートル。
                        開眼は、 平成5年6月30日
                        建立者  本山 東本願寺 大谷光紹法主                                             








茨城県の農村地帯にお立ちである。









     

大仏様は普通、いわゆる大仏様座りをされていて、お立ちの大仏様は珍しい。

仏教の教えを説いておられるお姿。

1万4千区画の霊園にお立ちなのだが、若い男女の拝観が多い。










「超高層大仏をつくる」が出版されている。

単なる思いつきでない発願、真剣な計画と設計、建設に携わった人々の誇り

多くの事が伝わってくる。









  

建築学的にも、芸術的にも、優れた大仏様である。







TOPページに戻ります

















.