おおくら大仏(久遠佛)

御高   8メートル   、
建立   平成6年9月(1996年)
建立者  東光山妙法寺 第22世住職 小林教一さん

 大仏様は、台座から回転できるようになっている。(電動)

 朝9時から夕方5時までは、本堂の方向を向いた南向きになっていて、夕方5時から翌朝9時までは世田谷通りの方向を向いて、交通安全や世界平和を祈念している。

 そして参拝者が訪れると、大仏様は参拝者の方に向きをお変えになる。

 ハイテクな大仏様である。

おおくら大仏は、世田谷区大蔵の住宅地内にある、妙法寺に建立された。

そこから、おおくら大仏の名がある。

大仏様は、境内の墓地の一角にお立ちであるが、背景にある電線などを消してみた・・・

手前の墓地や、後ろの電線や住宅が写らないようにすると、
この様な角度になってしまう。
おおくら大仏様を写すのは、なかなか難しい・・・・・

 大仏様の台座の下は、納骨霊廟になっている。

 後継者のいない人にお勧めという。

 ここも、ハイテクの霊廟となっている。
 世田谷通り方向からの大仏様。

やはり、電線がきになる。 
少々残念である・・・
TOPページに戻ります