ハ ニ ベ 大 仏


「土部師」と書いてハニベシ。土で物の型を作り素焼きしたもの(埴輪・はにわ)を作る人のこと。
すなわち、 現代の彫塑家をハニベシと称するなら、土部師が作った大仏はハニベ大仏である。

仏頭は、高さ15メートル。将来後ろの山の頂に御丈33メートルの釈迦牟尼大仏が建立される予定だが、
その仏頭となるものである。   ・・・・大仏様の姿を拝すことのできる日の遠からんことを願いたい・・・・











建立予定の釈迦牟尼大仏の原型。












大仏様はコンクリートに銅を吹き付けて作られている。
そのため、コンクリートのヒビが表面に現れ出ている。










大仏様の裏山は石でできた山。
その岩山が掘り拓かれ、仏洞となり、
仏像や地獄極楽の場面が彫られている。

ハニベは、都賀田勇馬さん(故人)と、
その子息(長男)、都賀田伯馬さん。

洞窟の寺院として、昭和26年開洞
宗教法人 ハニベ巌窟院 となっている。










境内には優しいお顔の地蔵尊も・・・











山頂には涅槃仏像がある。




所在、石川県小松市立明寺町





TOPページに戻ります

















.